高速化する現代社会において、従来の描画ツールは効率的なデザインの要求に応えるには不十分です。ZWCAD 2025は、課題を解決することを目的として、複数の業界向けに特化した高度なデザインツール群を導入しました。これらのアップグレードは、プロフェッショナルがタスクを効率的かつ正確に完了できるよう特別に設計されています。それでは、ZWCAD 2025の業界モジュールの強化点を詳しく見ていきましょう。

強化された点群機能

点群は、測量、マッピング、建物改修などのさまざまな業界で広く使用されており、デザインの効率と精度を向上させます。ポイントクラウドは、物体や環境の外部表面を正確かつ詳細に表現する空間内の大量のデータポイントで構成されています。
ZWCAD 2025では、点群の表示と編集のワークフローを最適化するために、点群機能をさらに強化しました。この機能では、標準機能として色や可視性の調整をサポートする3つの視覚スタイルが追加されています。

  • 強度: 照明や素材情報を表示し、スキャンしたオブジェクトの種類を認識するのに役立ちます。また、範囲の可視性を調整することでノイズポイントを削除することも可能です。

  • 標高: 異なる高さの点群を簡単に観察できます。範囲の可視性を設定することで、重要なエリアに焦点を当てるために特定の範囲内の点群を非表示にできます。

  • 分類: インポート前に分類されている場合、分類に基づいて点群を表示します。範囲の可視性を設定することで、植生、建物、道路など特定のオブジェクトタイプを表示することができます。

図1.3つのビジュアルスタイルで視認性を調整

さらに、点群のスキャンビューへのナビゲート機能は、点群モデルの内部をより便利に観察するために対応するビューを迅速に見つけることができます。また、複雑な点群を処理する際の表示品質と形式変換効率を改善し、スムーズで効率的な体験を提供します。

図2. スキャンビューへのナビゲート機能

改善されたGIS機能

GIS(地理情報システム)は、測量,マッピング、土木工学、都市計画、インフラ計画などのさまざまな業界で広く使用され、大規模プロジェクトの意思決定とデザインの最適化に寄与しています。GISは、空間データを分析、視覚化、管理するための強力なツールです。
ZWCAD 2025では、GISモジュールをさらに強化し、使いやすさを向上させました。Bing MapsやArcGISなどのさまざまなマッピングサービスのインポートをサポートしており、WMS/WMTSプロトコルに準拠したマップサービスのインポートも可能です。この機能により、プロジェクトの場所や分野に応じて適切な地図を選択する柔軟性が提供されます。

図3. 地図のインポート

さらに、指定された緯度と経度によって描画内の挿入点に地理マーカーを一致させることができ、実世界の地理的コンテキストとシームレスに整合させることで、正確な結果を保証します。

図4. 地図と図面の照合


また、特定の地図エリアを図面としてスナップし、不要なコンテンツを削除することで時間を節約し、デザインプロセスをスピードアップさせます。

図5. 図面をスナップ

図面のベクトル化

製造、建築、土木工学、測量などの業界では、手描きやスキャンされた歴史的な図面のデジタル化が一般的なシナリオです。これらのレガシー図面をデジタル化するためには、通常、全体を手動で再作成するか、追加のソフトウェアに投資する必要があります。どちらの方法もコストと時間がかかります。
ZWSOFTは、強力なベクトル化ツールをZWCADに追加料金なしで統合し、このワークフローを効率化し、デジタル化の取り組みをサポートします。この機能は、ラスタ画像をベクトルグラフィックに自動変換し、手動作業を大幅に削減します。正確な結果を確保するために、変換前にパラメータを調整し、線を分割、結合、接続するなどの結果を修正することができます。

図6.図面のベクトル化

ZWCAD 2025は、さまざまな業界向けに高度なデザインツール群を提供し、ワークフローを効率化させます。
詳しく知りたい方は、ぜひ下記のチュートリアルビデオをご覧ください!
<ラスターベクター変換>
<GISの機能改善>

もっと詳しく知る

ZWCAD 2025 の主な新機能や改善点の詳細について、ZWCAD 2025の新機能をご覧ください。

今すぐZWCAD 2025を始めよう

お問い合わせまたは 30日間の無料トライアルをダウンロードして、ZWCAD 2025がどのように生産性を向上させ、創造力を引き出すかをぜひその目でお確かめください。